« 試着中 | Main | SILKYPIX リビジョンアップ(1.0.3.1) »

2004.09.27

寄り寄り16-45

2004.09.26 PENTAX *istD + DA16-45mmF4 (45mm)
PENTAX *istD + DA16-45mmF4 (45mm)
F4.0 1/1600sec. (Av-Auto) ISO200 AWB

DA16-45mmF4によるマクロ的撮影をLavandeさんに薦める敦仔さんを援護射撃するの巻(ながいな)。

コスモス寺と呼ばれる、奈良の般若寺におでかけしてきました。
本当は柳生の方にあるというコスモス畑に行きたかったのですが、ここのところ休日ごとにあれこれバタバタしてますので、近場で手抜きさせて頂きました。(^^;

2004.09.26 PENTAX *istD + DA16-45mmF4 (45mm)
PENTAX *istD + DA16-45mmF4 (45mm)
F4.0 1/1000sec. (Av-Auto) ISO200 AWB

ハチさんが多くてシャッターチャンスには事欠かないのですが、いかんせん狭い境内にデジカメ片手の人、人、人…。せっかく持ってきた三脚はただの荷物と化しました。

2004.09.26 PENTAX *istD + DA16-45mmF4 (45mm)
PENTAX *istD + DA16-45mmF4 (45mm)
F4.0 1/500sec. (Av-Auto) ISO200 AWB

一方、ふたまママはAGFA400を詰めたα7000で練習中。「開放は小さい、絞るは大きい」の呪文は覚えたようですが、絞りの大小と被写界深度の関係がまだ混乱している模様。がんばれがんばれ。^^
今のところスキャナがないのでアップはできませんが、いずれ公開できるようにしたいですね~。

2004.09.26 PENTAX *istD + smcTAKUMAR50mmF1.4
PENTAX *istD + smcTAKUMAR50mmF1.4
F2.8 1/4000sec. (Av-Auto) ISO200 AWB

↑こちらは琢磨爺や(50mmF1.4)で撮影。ようやく自然光の下に連れ出してあげることができました。^^;
シャープなDA16-45とは面白いくらいに表情が違いますね。また同じ標準域の単焦点でも、使い慣れたFA35mmF2のつもりでいると、アウトフォーカス部が一気にボケる感じで驚きます。このふわふわ感が無性に楽しかったり。

ちなみに公開はしていませんが、琢磨爺やは予想通りポートレートにもジョリーグッド!
ただし油断すると、「昔々の写真屋さんで見たプリントサイズ見本のような絵」(ふたまママ談)になってしまうのでした (^^;

|

« 試着中 | Main | SILKYPIX リビジョンアップ(1.0.3.1) »

Lens:Takumar50/1.4」カテゴリの記事

Lens:DA16-45/4」カテゴリの記事

Comments

わあ、ミツバチがいっぱいですよ^^
近頃、キバナコスモスがごひいきなので嬉しい写真ばかり。

で、この単焦点にも負けないボケ味がDA16-45の美点ですね。
発色も綺麗だしヌケの良さは流石の最新設計。
切れ込みの良さは当代随一と評価されています
↑クモハ班長の琢磨カタログふう強調表現

---

先日、マクロタクマー50mmと同じ構図で、
FA35mmを使って曼珠沙華を撮ろうとしました…
というか撮ってみたのですが、
15mmの画角は思いの外被写界深度に影響するらしく、
50mmF4開放のボケと比べて35mmF2開放は背景の形がわかっちゃいました。
焦点距離によってやはりボケの度合いは差が出ますね!
ちなみに、発色はFA35mmF2ALのほうがずっと鮮烈でした^^

Posted by: 敦仔 | 2004.09.27 03:47 PM

≫敦仔さん

16mmから始まる超広角の威力、そしてすばらしい接写能力は、
数ある標準ズームレンズの中でも世界一級品の定評があります。
↑これも琢磨ふう

上の2枚、実はフードの影が落ちてます。失敗~><
それくらい寄れますよ、ということで…

---

そうそう!撮影しながら、そこすごーく気になってたんですよ!
↑の琢磨写真はF2.8ですが、FA35の開放F2ではここまでボケませんよね。
そうですか、F4でもまだ差があるんですね~
28mm/35mm/50mmってズームレンズにすると2倍にも満たないですが、
奥が深そうですねえ…表現で使い分けできるようになりたいっす。

Posted by: ふたまパパ | 2004.09.27 09:21 PM

ふたまパパさん、素敵なサンプルありがとうございます!
DA16-45mmF4のマクロ性能、しかと受け止めました(^^)
マクロレンズじゃないのに、こんなに寄れるんですね~。
ボケ味もいい感じです^^色も良好!

琢磨50mmF1.4もソフトなボケ感が何ともいえません。
優しい発色もいいですね~。
古いレンズにも新しいレンズにはない持ち味があって好きです。
レンズで遊べる一眼レフはやっぱり最高ですね!
早く欲しいよ~。

擁護射撃でもう沈没寸前です(笑)
ありがとうございました^^

Posted by: Lavande | 2004.09.27 10:48 PM

≫Lavandeさん

寄り性能やボケ味を含めた使い勝手の面で、
新しいDA18-55がどのくらい16-45に迫るかも興味津々ですね。^^

これ1本!な万能レンズを携えるもよし、
逆に不自由な中でレンズに合わせて撮るのもまた一興。
この世界、ほんと楽しいですよ~。^^

Posted by: ふたまパパ | 2004.09.29 02:02 AM

このDA16-45はやはり優れものですね。いまだに持ち合わせていない私は、DA18-55に期待してるんですが、ズームの描写は値段に比例、って説もあります。格はDA16-45のほうが上っぽい。

Posted by: クモハ169-1 | 2004.09.29 08:40 PM

≫クモハ169-1さん

DA16-45って、焦点距離の設定からして「こだわりレンズ」
という趣がありましたね。^^
他社にはない16mmからのズームがお手頃に常用できるのが
とても魅力的で、これを使いたくて*istDにした一面もあります。

ちなみに敦仔さんと同じく、私も広角/プチマクロの
2焦点レンズとして重宝しております ^^;

Posted by: ふたまパパ | 2004.09.30 06:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 寄り寄り16-45:

« 試着中 | Main | SILKYPIX リビジョンアップ(1.0.3.1) »