« ちはやぶる… | Main | 祝!悲願達成!*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* »

2004.11.29

しゃしんやのおじさん

ようやくトライしました、ポジフィルムでの撮影!(^o^)/

いつもの道沿いにふと目をやると、お寺の紅葉が真っ赤っか。そこで昨日の日曜日、午前中の天気がいい間にMZ-SにFA77mmLTDを付けておでかけしてみました。フィルムはベルビア100F。そしてもちろんtooさんのところでお馴染みの、へらコブラ師直伝『ISO80&1/3増感』で臨みます。

『さんぶんのいちだんぞうかんでおねがいします。』

と、しゃしんやさんでもちゃんと言えましたよ!

と、ここまでは順調だったのですが…最寄りのミニラボのおじさん、なにやら怪訝な顔をしています。

おじさん 『…増感?』
ふたパパ 『はい、1/3段増感で。』
おじさん 『…ISO200で撮ったの?』
ふたパパ 『いえ、ISOは80で撮ってるんですけど。』

ここいらでなんだか冷や汗が出てきました。覚え間違えたかな…

おじさん 『うーん…普通、200で撮って1/2とかならするけどねえ。』
ふたパパ 『ISO80で撮って1/3増感するといいよって聞いたんですけど…』

確かにISO100のフィルムをISO80で撮ればオーバー方向。増感でさらにオーバー方向。…ということに、ここで初めて気がつきました。やはり間違ったのか???…でももうISO80で撮っちゃったし。

おじさん 『1/3ってできたかな…半絞りならできるけど。』
ふたパパ 『じゃあもしできれば1/3で。できなければノーマルでいいです。』

大汗をかいて帰宅した後、ふたまに挨拶もしないでtoo.cheap.jpを開いたことは内緒です。で、ここから改めてお勉強。へらコブラ師の言葉から推察するに、
■色の抜けを良くするために、フィルムによらず1/3増感する。
■ベルビア100の実効感度はISO64。(ノーマルで現像する場合)
■上の2つの組み合わせから、ベルビア100では1/3増感分を見越してISO80に抑えて撮影。
ということだと理解しました。(<あってます???)

で、今日仕上がりを受け取りに行ってきました。よかった、ちゃんと撮れてるみたい (^o^;;

ふたパパ 『ありがとうございました。ところで次回の為にお聞きしたいんですけど、これって…』
おじさん 『ノーマルだよ。』

あ…やっぱり。orz
おじさん、自分の好みでノーマルにしちゃったようです(苦笑)

ふたパパ 『そうですか。どうもISO80で1/3増感ってこれこれこういう理由みたいなんですけど。』
おじさん 『ふーん…たしかにちょっと前はそういう人が多かったけどねえ…』

と、ここからしばし写真のお話を聞かせてもらいました。
おじさんは、『いろんな撮り方をする人がいるし、じゃあお前が撮ってみろって言われても撮れないけどね』と断ったうえで、昔はフィルムもプリントも精度が良くなかったから、スタジオでもISO160を120で撮ったりとか普通に行われてた。古くなって感度の落ちたフィルムを使うこともあったから、そういう場合は救済してたね。でも最近はネガもリバーサルも良くなったからそんな必要ないんだよ。増感するとその1本のために他のフィルムのプロセスを止めるからコストも納期もかかるよ。まあ好みは人によって違うから、スタジオ撮影でも京都と奈良では濃さが違うんだよ。昔は現像所の人もお店の好みに応じて加減を変えてたもんだから、人が変わったらすぐ分かったもんだよ。などなど。

どうやらおじさんは『増感で発色を調整する』という発想は頭になく、増減感=露出調整という考え方だったので、話が合わなかったんだと分かりました。でもそれはそれとして、こうして写真の話を聞くことはそれ自体がとっても楽しいことなのでありました。(^-^)

おじさん 『ま、無駄になってもそれも楽しいもんだからね。いろいろ試してみなさいよ。』
ふたパパ 『ありがとうございました。楽しかったです。』

『教えてくれてる人にはこんなこと言われたって言っちゃダメだよ。怒鳴り込んでこられちゃうから。』って言ってたけど、おじさんごめん、書いちゃった。楽しかったから許してね。
…でも、このお店で1/3増感はもうお願いできないなあ。(^o^;;;;

-----

追伸:
仕上がりは綺麗に出来てましたよ~ (^-^)v
スキャナがないので公開はできませんが、ひとりニヤニヤ眺めてますよん。ちなみにライトボックス&ルーペも高かったので…ノートPCの画面を真っ白にして、琢磨50mmF1.4をリバースで覗いています(爆)

|

« ちはやぶる… | Main | 祝!悲願達成!*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* »

Lens:FA77/1.8」カテゴリの記事

Body:MZ-S」カテゴリの記事

Comments

ドット抜けチェックもできるし一石二鳥ですね〜(笑

Posted by: 黒ラッコ | 2004.11.30 01:09 AM

■黒ラッコ様

またよく見えるんですわ(笑)<ドット
(この案ボツかも…^^;)

Posted by: ふたまパパ | 2004.11.30 06:11 AM

でもってフィルムを*istDでもっと大きく撮ってUPするとか・・・
意味があるような無いような

Posted by: fukuzo | 2004.11.30 01:29 PM

あぁふたまパパもついにポジの世界へ。
私は入り口でバタバタしてます。
綺麗な紅葉が!!!!

是非スキャナー買ってください。
お願いです。
そして教えてください。

ポジ地獄に嵌っているninoより

Posted by: nino | 2004.11.30 09:19 PM

■fukuzoさん

等倍マクロで撮れば、当然等倍でぴったり写るはず!
…と、実際やってみようかと思ってた私(笑)
フィルム面の平坦性が問題ですかね(^^;

■ninoさん

ほんとはポジと一緒にネガと*istDでも撮ろうと思ってたんですが、
ポジだけですっかり時間を使い果たしてしまいました。
1ショット切るのにえらく勇気のいるシロモノですね (^^;;;

スキャナー、いますごく欲しいんですよ~
他にも三脚とかカメラバッグとか1GBのCFとか
データストレージとかRCR-V3とかPCとかプリンタとか orz

Posted by: ふたまパパ | 2004.11.30 11:11 PM

はははははっ、ご苦労様でした。
確かにおっちゃんの言う事にも一理ありますよ。
『ISO80&1/3増感』ってのは、あくまで私のデータですので、鵜呑みにせずに自分のデータを研究して下さい。
ちなみにMZ-Sの露出の傾向が判らないので、断言は出来ないんですが、恐らくネガ向けの比較的オーバー目な露出傾向なきがします。プロ向けのカメラはポジがメインなので、比較的アンダー目な傾向に有ると言えなくも無いんですが、個体差もありますんで。
ちなみに私の場合は、Nikon F5 F100で、露出は基本的にはミノルタの単体露出計で測ります。内蔵露出計はアテにしてません。
内蔵の露出計は、被写体が反射した光を基に、人の肌色位の濃度の物が奇麗に写る様な値を出して来ます。つまり、白い物を白く写したり、黒い物を黒く写すには、カメラの測定値に補正を加えないとイメージ通りに写らないのです。この辺の感覚は、ポジフイルムをじゃんじゃん使って身に付けるしか無いんですよね。
失敗を恐れずに冒険して下さい。(がんばれ〜!!)

Posted by: へらコブラ | 2004.12.01 12:34 AM

うちもそろそろデータにできるくらいはポジがある^^;ので、MZ-3のデータを取ってみよーっと。傾向的には-1/2のを選んでいることが多いんですが、露出計の出目も一定じゃないようで、暗いと寄り明るめにシフトするような気が。一通り見返してみますです。

....はっ!露出そのもののデータがないorz
ここは蒼い月ならデータ印字の魔法が....

....はっ!(二度目)

Posted by: too.cheap.jp | 2004.12.01 01:26 AM

■へらコブラ師

理解もせずに呪文を唱えてはダメだ、という教訓を得ました(笑)

露出計ひとつとっても奥が深いなあ…φ(..;)メモメモ
ということは、内蔵露出計は被写体ごとに
データ取りが必要なわけですね?
うーむむむ、大事なところで失敗しないためには
事前にいっぱい失敗しておかないと~

データ取りの過程で増感したい時は…
大阪行ってプロラボにお願いしますか (^o^;

■too.cheap.jp様

その魔法、とってもとっても効きますですよ~!ヘ(゚∀゚ヘ)
使い勝手も同じ線上にありますし、へコ師が言われたように
オーバー目の傾向も似てるなら、これまでの経験もばっちり!
ほら。ほらほらほらほら。

Posted by: ふたまパパ | 2004.12.01 09:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference しゃしんやのおじさん:

« ちはやぶる… | Main | 祝!悲願達成!*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* »