« ひとりあそび。 | Main | @cafeGATE »

2005.03.15

100年の慧眼

*istD . FA35 . F2.8

「こんなものもあるんですよ~」

とPENTAX大好きな担当Yカメラマンが見せて下さった、このレンズ。
皆さん、なんだか分かります???

*istD . FA35 . F2.8

「なんと100年前のレンズなんですよぉ」

…えええっ!?どうなってるんですか???(@@;

説明してもらったところによると、ボディキャップに穴を開けてレンズを固定して、
さらにヘリコイド接写リングでピント合わせができるようにしてあるんですって。
なるほどそんな手があったのか~っ、と思わず唸ってしまう仕組みですが、
100年前のレンズがKマウントで(!)*istDに装着できる…なんて、
なんとも不思議な気がしますね。

それにしてもこのレンズ、真鍮色の外観から既にかなりクラクラくるんですが、
左下のレバーに触れると「チッ!」と内蔵のレンズカバーが開いたり。
右下のレバーを動かすと、これまた真鍮色の絞り羽根が無段階で閉まったり。
もうね、ほんとにもう単純にかっこいいんですよ (^o^

曰く、開放F値は5.6くらい、*istDでの画角は換算100mmくらい。
そしてご厚意に甘えて撮らせてもらった1枚が↓。

PENTAX *istD / Eastman Kodak 100 Years Old Lense
1/13sec. (Av-Auto) ISO400 MF RAW / Silkypix1.0.11.1(無調整)

構図やホールドが甘くてすみません、なのですが(苦笑)
100年前のレンズでこれだけの写真が撮れるんですね、しかもデジタルで。
機能や性能がどうという以前に、写真が撮れるっていうこと自体が
なんて楽しいことなんだろう…と改めて感じさせてくれる逸品なのでした。

Yさん、本当にありがとうございました。_o_

|

« ひとりあそび。 | Main | @cafeGATE »

機材」カテゴリの記事

Lens:FA35/2」カテゴリの記事

Comments

やっぱりレンズの力ってすごいね。
100年だよ、100年。
私なんか100年なったら多分座ってるぐらいしか出来ないよ。
なのにこの描写。すごいよね、レンズ。

ふぐ食べたんだもんね。(かなり羨ましいから脈絡無視してこに書く。)

Posted by: nino | 2005.03.15 10:57 PM

その節はどーもどーも^^;

で、これが例の噂の百年浪漫ですね。
私の50歳ビオターが小僧に見えます!

ヘリコイド接写リング+キャップ改造は、
意外に面白いテーマかも・・・

Posted by: 敦仔 | 2005.03.15 11:45 PM

すごいですね…
外観も何か存在感がありますが、100年前のものが
使えるところが本当にすごいです。

Posted by: うなむ | 2005.03.16 12:20 AM

■nino様

ふぐ、それはそれはおいしぅございましたよ~!
ふふふふふふふふ。

念願の敦仔さんにもお会いできたし、満足満足!
残された念願は、ninoさん宅にお邪魔させてもらって
ななももちゃんをモフモフすることなのです。(^o^

■敦仔様

その節は大変ありがとうございました~!

その筋ではわりとメジャーな改造なんだそうです、
ボディキャップ+ヘリコイド接写リング。
クモハさんあたりならすぐにでもトライできそうですね。(^^

■うなむ様

本当にすごいですよね~

ネジ式大流行のPP内にあって
自分はネジ度が低い方だなあ…なんて思っていたのですが、
M42ですらないオールドレンズに激しく惹かれてしまいました。
1本手元に欲しいですよ!


Posted by: ふたまパパ | 2005.03.17 07:04 AM

だいぶ前に、ヘリコイド接写リング+変り種レンズ(たしか舶来の古典ソフト系)が長野の鬼門においてありましたよ。
売れるのにそれほど日数は要りませんでした。
そのときは接写リングを探していて、「あった」と思ったのに"余分なもの"が付いていて高くて買えませんでした。(崩)

100年の歳月とは、レンズってすごいですね。

Posted by: クモハ169-1 | 2005.03.17 06:21 PM

■クモハ169-1様

大きなボディキャップやら穴の開いたボディキャップやら、
いろんなものがくっついてくるんですね(笑)

100年前のものが使えるってものすごいことですが、
視点を変えるとこのレンズが現役だった頃から
現代のデジタル一眼にまで至る進歩や変化って、
たった100年(人ひとりが生きてる間にほぼ完結する…)の
間に起こったことなんですね。(@@;
それもまた驚きです。

Posted by: ふたまパパ | 2005.03.18 04:30 AM

えへへ、買っちゃいましたよベス単(笑)
で、100年くらい前の建物を撮ってきましたよ~^^v

Posted by: 敦仔 | 2005.05.15 08:40 AM

■敦仔様

「驚愕の品」って何だろう、とかなり幅広く想像を巡らせたのですが、
まさかこれが来るとはまったくの予想外でした(笑)
単純にこれで撮れるってだけで、わくわく楽しくなっちゃいますねえ!

Posted by: ふたまパパ | 2005.05.17 05:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 100年の慧眼:

» NOW AND THEN [掌上都市觸覺]
ヴェスト・ポケット・コダックは1912年に製造が開始され、 15年間の製造期間中なんと180万台を販売した当時のベストセラーカメラ。 このカメラは(今はもう無い)127タイプというロールフィルムを使い、 6×45サイズの撮影を行うものでした。... [Read More]

Tracked on 2005.05.15 08:23 AM

» 考古学的新装備 [Gadgets in the Attic]
もはやねじ式どころの騒ぎではなくf^_^; [Read More]

Tracked on 2005.05.15 08:23 AM

« ひとりあそび。 | Main | @cafeGATE »