« その後のスキャナ | Main | びっきさーん »

2005.04.21

Sの効用

film041123_3-v
PENTAX MZ-S / TAMRON90mmF2.8Macro
F2.8 1/2000sec. (Av-Auto) AGFA VISTA100
ふたまママ撮影

SはSでも*istDsでもD70sでもなくMZ-S。
実際には半々で使ってるんですが、名目上はふたまママ専用機。
彼女もまんざらでもないご様子です。
やっぱりお気に入りのカメラで撮るのとそうでないのとは、楽しさが違ってきますよね~

あのジャミラな「怒り肩」デザインだけでもかわいくていい(^^と思ってる私達ですが、
ふたまママがMZ-Sを気にいってる理由のひとつがファインダー。
デジタル一眼レフの中で*istD/Dsのファインダーの良さは高~い評価を得てますが、
より大きく見える為かMZ-Sはその*istDよりピントが分かりやすいんですよね。
(大きさだけなら古い古いOM-10やα7000の方が遥かに大きいですが…)

もうひとつ重要なのが、被写界深度のプレビュー機能。
って今更このクラスのカメラでは特筆するようなことじゃないのですが、
彼女のように絞りと被写界深度の関係を理解しようとしてる過程の人にとっては、
これがあるとないのでは理解度に大きく差があるようです。
(α7000にはこの機能がなかったからね…)
D50は何故プレビュー機能を省いてしまったのかなあ…?
入門カメラってお手軽なだけで終わってしまったらダメだと思うんですけど。

これに加えて最大の特徴、フィルムへのデータ印字機能で復習が出来るので、
機能的には入門機としてとても優れたカメラだと思ってます。
実際には、操作性はMZ-3の直感的なインタフェースの方がいいので、
MZ-3にデータ印字機能を付けてくれたら完璧なんですけど。ねえ?>PENTAXさん

ちなみにふたまパパがMZ-Sを気に入ってる理由のひとつは、FA77mmLtdとの相性がいいこと。
このレンズを付けてファインダーを覗いた時のインパクト、*istDよりMZ-Sの方がぐんと上がるんです。
それこそ何を撮っても絵になりそうな雰囲気があるんですよねえ。
理由はよく分からないんですが、ファインダーの大きさと画角の関係なのかなあ…?

|

« その後のスキャナ | Main | びっきさーん »

Lens:TAMRON90/2.8」カテゴリの記事

Body:MZ-S」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。
ひそかにふたまママさんの写真を楽しみにしているnomadです。(もちろん、ふたまパパさんの写真も楽しみにしてます!)
時の流れを感じさせる木の幹とそこから噴き出した若葉。何か命の再生を感じさせる素敵な写真ですね^^

遅ればせながら、ご結婚おめでとうございます。
どうぞ末永くお幸せに!

Posted by: nomad | 2005.04.21 10:59 PM

こんばんは。ありがとうございます。
ひそかに楽しみにされていたなんてひそかにこそばゆいふたまママです。

そうそう、その『命の再生』を撮りたかったんですよぉ!
・・・なんて、カッコイイ解釈をしてもらってしまってひたすら恐縮です。
#この若葉を見たときに「タケコプターみたい♪」と思ったことは内緒にしておこう(^^;

何となく面白そうなものを何となく撮影してみた挙句、
何だかよく分からない写真を量産しているので、
スキャナを使いたいパパが選出に苦労しているようです。
パパ、がんばれ~(笑)

Posted by: ふたまママ | 2005.04.22 10:09 PM

こんにちは、私もMZ-S愛用しています。デジ一眼から持ち替えてファインダー覗いただけで写真を撮っている気になりますよね♪

やっぱりタムロンの90MACRO良く写りますね~生命感も伝わってきます。

Posted by: yoshi | 2005.05.02 10:57 AM

■yoshi様

こんにちわ!(^^
昔は写真=記録だったのですが、デジタルで楽しさを知った今
フィルムカメラを使ってみると、なんともワクワクしますね~

MZ-Sはコンパクト&高剛性に「きちっと締まった」造りも大好きだし、
タム90は本当に使い易くて使いでのある名レンズですよー

なんて書きながらyoshiさんのblog見ちゃうと
645n、LX、☆レンズ…と涎が止まらないのですが(笑)


Posted by: ふたまパパ | 2005.05.03 10:45 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Sの効用:

« その後のスキャナ | Main | びっきさーん »