« Tour de Swiss -プロローグ- | Main | Tour de Swiss -モンブランステージ #2- »

2005.07.21

Tour de Swiss -モンブランステージ #1-

*istD . DA16-45 . F8.0

ヨーロッパ最高峰、モンブラン(4837m)。
入国早々、1泊したジュネーブからバスで国境を越えてフランス領シャモニー入り。
翌早朝からロープウェーでエギュ・デュ・ミディ展望台(3842m)へ向かいます。

シャモニーに着いて、まずロープウェー乗り場を下見に行った私達ですが、そこには

 「視界ゼロ」 ←日本語 ^-^;

の張り紙。雨男&雨女、いきなりワールドワイドに活躍中です。

まっ、山の天気は変わりやすいからね~と無理やり前向きの会話をして、
始発の時間を確認。なにせスイスは日本人シニア層にも大人気の観光地、
団体客より1歩先に行動しないと、個人旅行の意味がなくなってしまいます…

そして翌朝、朝の苦手なふたまママもがんばって6時起き。
身支度を整えそのままチェックアウトです。
相変わらずどんよりな空模様に不安を抱きつつロープウェー乗り場へ急ぐと、
おやっ、今日は張り紙がありません。山の上は晴れてるのかも…

待つこと30分。
ロープウェーに乗り込み、途中駅で乗り換え、最後のエレベーターの扉が開くと、
手の届きそうな眼前に待っていたのが、写真のモンブラン山頂でした。

快晴。
誰もいない展望台。

突き刺すような冷え込みの中、うっかり自分の手袋をバゲッジサービスで
送ってしまったふたまママとひとつの手袋をシェアしつつ、
降りるのがもったいないねえ…とがしがし写真を撮ったりぼんやり眺めたり。

30分ほどして日本人団体客が現れたところで、展望台を後にしたのでした。
やっぱり早朝からがんばるだけの甲斐がある。

以降、連日6時起きの新婚旅行となるのでした(苦笑)

|

« Tour de Swiss -プロローグ- | Main | Tour de Swiss -モンブランステージ #2- »

Lens:DA16-45/4」カテゴリの記事

Travel」カテゴリの記事

Comments

空の青さと山肌の白さのコントラストが実に綺麗です。
写真集の1ページを見ているみたいです。
それに、何故かは分かりませんが、中判+ポジフィルムで
撮ったように思えてしまいます。

それから、手袋のシェアの話、何かほのぼのとしていて
ちょっと羨ましかったです(笑)

Posted by: かぢ | 2005.07.21 03:46 AM

かぢさんと同じくフィルムで撮った写真かと思いました。
6時起きのかいのあるとても綺麗な写真ですね。
青空も山の白さもリアルで目の前で見ている感覚です。
あ。フィルターも使っているんですね。
やっぱりこういうところに普段の経験が出てくるんですね。
私だったら感動してフィルターのことはすっかり忘れてしまいそう^^;
静けさやひんやりした空気が伝わってきます。
寒くても気持ちは温かくて手袋の話いいですね^^

Posted by: usako | 2005.07.21 06:38 AM

う〜ん!素敵!!
空の青と雪の白それと、雪肌に掛かる青。
自分でも撮ってみたい。額に飾って自慢したい。
時間は沢山あるのだが、お金と撮影出来るだけの腕がない。

Posted by: ceruleanblue | 2005.07.21 01:30 PM

山頂の雲がいい味出してますね〜。
そして空の青さと雪の白さがとてもすてき〜。

Posted by: too.cheap.jp | 2005.07.21 08:39 PM

■かぢさん

ありがとうございます。(^^
今回は1枚目ということで、何枚もある中から
一番コントラストの高い写真を選んでみました。
(ふたまママ曰く「一番立体感がある」写真)
山頂がアップなぶん、山や雲のダイナミックさは
写ってないかもしれないんですが、
私もこの写真、お気に入りです。

■usakoさん

実はPLフィルタって初めて使ったんですよ~
それがかえっていい緊張感につながったのかも。
肉眼でももう十二分に青い空だったんですが、
フィルタのない他のレンズで撮った写真と比べると、
やっぱりその効果は大きかったです。

手袋、次の山ではふたりともバゲッジサービスで
うっかり送ってしまったことはナイショ(笑)

■ceruleanblueさん

ありがとうございます。(^^
腕だよウデっ、と言いいたいところですが、
これ技術的にはほとんどカメラ任せ。
むしろ天候が変わったり団体客が押し寄せてこないうちに
逃さず撮る、が至上命題でした(笑)

刻々と変わる山の表情を見ながら、自然写真の技術って
「いい写真がとれる条件に、その場所にいる」
ことも大きいんじゃないかな、と考えてました。
今回はたまたま運が良かったわけですが、
知識とか経験とか行動力とか、ですね~

■tooさん

刻々と変わっていく山と雲の表情を眺めながら、
「イイ雲.com~」と呟いてた私(・∀・)

Posted by: ふたまパパ | 2005.07.22 02:03 AM

空気が薄そうな空の青さですね。綺麗!
その昔,仲間達と,エギュードミディから氷河を伝いながらスキーで滑った事があります。いやぁ,すごかったですよ。
なにせ,富士山よりも高いところから滑るんですからね。滑る事に必死で(所々クレバスが口を開けているので,ガイドさん無しでは行けません。),写真は頂上と麓のみだった記憶が。ポジで撮ったはずなんだけど,どこいっちゃったかなぁ。
シャモニーの街に戻って飲んだビールがうまかったこと!

Posted by: HAMACHI! | 2005.07.22 03:28 AM

うわぁぁぁ恐ろしいほど美しく壮大な景色ですね~。
しばらく放心状態で見つめてしまいました。
さらに大きなサイズで見たくなりましたですよ!!^^

Posted by: cocoa | 2005.07.22 06:10 PM

■HAMACHI!さん

おおおーっ!!!
スキー馬鹿のふたまママが激しく羨ましがってます。(^^;
山スキー、それもあのモンブランなんて
HAMACHI!さん、ものすごいウデだ…と。

ところでつい数日前、アイガーで邦人観光客が
クレバスに転落して亡くなった、というニュースが流れましたね。
日本ではできないような大スケールの楽しみがある反面、
それだけ自己責任が要求されるところなんだなあ…と
改めて思わされました。

■cocoaさん

何もかもが笑っちゃうくらいにスケールの大きなところですねえ。
あの山々を毎日見て育った人にとっては、
それも当たり前の光景なんだろうか…と不思議に思ったり。

せっかくなので額装して部屋に飾ろうかな。(^^

Posted by: ふたまパパ | 2005.07.24 01:35 AM

There's definately a lot to learn about this issue. I like all the points you've made.

Posted by: browse around this web-site | 2015.02.01 05:42 AM

Hi there, I found your blog by the use of Google while looking for a similar subject, your site came up, it seems good. I have bookmarked it in my google bookmarks. Hello there, simply became aware of your blog through Google, and found that it is really informative. I am gonna be careful for brussels. I'll appreciate in case you continue this in future. A lot of people will be benefited from your writing. Cheers!

Posted by: http://gosanza.dothome.co.kr/xe/?document_srl=990380 | 2015.02.09 01:21 PM

Hello! I could have sworn I've been to this blog before but after browsing through many of the articles I realized it's new to me. Regardless, I'm certainly delighted I discovered it and I'll be bookmarking it and checking back regularly!

Posted by: http://synwiz.dothome.co.kr/xe/?document_srl=1159327 | 2015.02.13 08:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Tour de Swiss -モンブランステージ #1-:

« Tour de Swiss -プロローグ- | Main | Tour de Swiss -モンブランステージ #2- »