« 公園レンズ | Main | Flickr !! »

2010.03.26

LightRoom3 β2

PENTAX K-7 . M50/1.4 . RAW . LightRoom3 beta2

Adobe LightRoom3 のβ2が公開されましたね。
それに伴い、β1では4月末までだった無償期間が6月末まで延長になりました。

…無償期間の間に、SILKYPIXも次の姿が見えてきたりしないかなーと密かに期待 (^^;

新しいRAW現像ツールが出ると、
以前のデータを再現像するのもちょっとした楽しみですね。
フローが変わるだけでも意外と仕上がりのイメージは変わってきますし、
もちろん画質面の違いも興味深いところ。

β2で使用可能になった輝度ノイズ軽減機能は、
β1でも気に入っていた強力なカラーノイズ除去処理と相まって、
とても上品なノイズリダクションを実現していますね。
粒の非常に細かい、綺麗なディザリング…という感じです。
シャープやディテールを0にしておけば、
これまではK-7より数段厳しかったK10DのISO1600画像(特に人肌)だって
案外見れる画像になっちゃいます。これは驚いた。

こんなふうに現像ツールの進化によって、
古い写真も生き返らせたりできるのがRAW撮りのいいところ。
おかげで*istDやK10Dの写真を改めて眺めたりして、
まるで引越しの途中で古いアルバムを見つけてしまった時のように
無駄に時間を費やしているのです (^^;

|

« 公園レンズ | Main | Flickr !! »

ふたま」カテゴリの記事

画像ツール」カテゴリの記事

Lens:M50/1.4」カテゴリの記事

Body:K-7」カテゴリの記事

Comments

RAW撮り・現像ソフトなんていらない、と自分を誤魔化してきましたが、こういう遊び方も出来るんですね!深いですねー(*´∇`*)

Posted by: sabdaz | 2010.03.26 07:05 AM

■sabdazさん

ことクオリティという面では、
今や必ずしもRAWでなくていいと思うんですよねー私も。

でもRAWって磨く前の原石みたいなものなので、
将来ツールや自分の好みが変わった時に磨き直せば
昔の写真が色あせるどころか、もっと良くなるかもしれない、
と想像するとなんだかワクワクしますよね。(^^

RAWで撮って全部現像すると思うと面倒ですけど、
LightRoomみたいに管理機能の充実したツールもありますから、
必要な時に都度現像するという運用もアリだと思いますよ。
(私はわりとそんな感じ)

Posted by: ふたまパパ | 2010.03.26 11:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference LightRoom3 β2:

« 公園レンズ | Main | Flickr !! »