« なあ、Aの音をくれないか | Main | 近況 »

2010.06.25

デジ/アナ

PENTAX K-7 . FA35/2 . RAW . LightRoom3 beta2

いつもの自分のパターンから推測して、まあ一週間も触れば満足して終わるだろう…
と思ってたギター再練習ですが、意外にも続いているじゃないですか。
(自分で言うのもなんですが…笑)

これって以前書いた小さなギターアンプ、amPlugの効果が大きいと思うんですよね。

写真はZOOM PS-02、まあ10年前の機材なので今は遥かに進化してると思いますけど、
当時はそこそこよく出来たマルチエフェクターだったんです。
リズム&ベースパターンも持ってて、4トラックの多重録音もできちゃうし。
肝心のアンプ部分はキャビネットとスピーカーの特性まで再現するという触れ込みの
デジタルアンプシミュレーション。実際、なかなかいい音してたと思います。

でもですね、アナログ回路のamPlugを使ってみると、やっぱり全然違うんですよ。
たとえば思いっきり歪ませた音ならどちらも同じような雰囲気でも、
そこからゲインを下げたりギターのボリュームを絞ったり、
ピックアップを切り替えたりした時の反応がね…
PS-02だと、ただ音が篭って使えない音になるだけなのに、
amPlugだと高音の効いたクランチや透き通ったクリーントーンになって、
音のバリエーションがどんどん広がっていくんですね。
ああ、ギターアンプって本来こういうものなんだなあ…と目から鱗が落ちました。

デジタルシミュレーションって、ピンポイントにはすごく精度高くできるけど、
全域に渡って再現するのは苦手なのかもですね。

お仕事はデジタル屋さんだし、
カメラはほぼデジタルオンリーでまったく不自由を感じていないけど、
ことギターアンプに関してはアナログ至上主義を採らせて頂きたいと思います (^^;

|

« なあ、Aの音をくれないか | Main | 近況 »

Lens:FA35/2」カテゴリの記事

Body:K-7」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference デジ/アナ:

« なあ、Aの音をくれないか | Main | 近況 »